iMac いつまで経ってもリンゴマークのまま(ハードディスク交換)

Mac修理:Macリカバリーサービス 往復送料無料 > iMac2012~ > iMac いつまで経ってもリンゴマークのまま(ハードディスク交換)

iMac いつまで経ってもリンゴマークのまま(ハードディスク交換)

MacでもiPhoneでも同じですが、アップル製品は起動時にリンゴマークが出ます。

時として、このリンゴマークまま固まってしまうことがあるのはご存じですか?

俗にリンゴループなどと言いますが、あまりよい状況ではありません。

あれ?今日は起動に時間がかかってるな~とお思いの際は、このリンゴループかも知れません。

リンゴループに陥った時は、一度電源を切り、以下をお試しください。

  1. PRAMクリア
  2. SMCリセット
  3. 外付けの機器がある場合は全て外して再起動(純正キーボードと純正マウスはOK)
  4. LANケーブルを抜いて再起動

以上のいずれかで復旧したのであれば、それに応じた対処を。

問題は、上記を試しても解決しなかった時です。

その場合は、本体のどこかに不具合が有るので、改めて診断する必要がございます。

実際にそうなってしまった例でご相談頂きました。

東京は秋葉原にほど近い場所に住むオーナー様からでした。

「リンゴマークのまま起動せず、困っている」

とのことです。

09-1.jpg

実機をお預かりして検証します。

確かに起動できませんので、外部ディスクから起動して、ディスクユーティリティにてチェック。

内蔵ハードディスクのエラーが認められました。

ハードディスクを新品に交換します。

MNG00037_002.jpg

そして次にOSののインストールを開始。

09-2.jpg

インストールも完了しましたので、次は動作チェックです。

各種動作も全く問題有りません。

念のため、Apple Hardware Testなどの各種検査を行ない、問題が無いことを確認。

無事にオーナー様へ引き渡しできました。

●サポート期間終了でメーカー修理できない製品
●メーカーや他社で修理が難しいと言われた
●修理代が高そうだしこの機会に買い換えようと思っているお客様
●お近くに修理できる店舗が無い方
●アップルストアまで行く時間が無いお客様
Macのお悩みはぜひ一度弊社までご相談ください。
Apple認定技術資格者が全力でお客様をサポートいたします。

たくさんの修理レポートを掲載しております
同じ症状がない場合でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ


タグ :

関連記事

  1. iMac 21インチ Late2012 ガラスが割れた
  2. iMac Retina 5K 27インチ Late2014 使用中に突然電源が切れる
  3. iMac 21インチ 2012年モデル 起動中に頻繁に電源が落ちる
  4. iMac 21インチ 2015年 電源が入らない
  5. iMac Late2012の21インチ 起動時に停止したまま進まない
  6. iMac 2013 ?マークで起動しない SSD交換
  7. iMac 21インチ 2012年~ 起動しない ハードディスク故障
  8. iMac 27インチ 2012  ?マークで起動しない(FusionDrive対応)
  9. iMac アップルマーク表示のまま起動しないケース(Fusionドライブのハードディスク交換)
  10. iMac いつまで経ってもリンゴマークのまま(ハードディスク交換)
  11. iMac Late2012 起動ができない 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://4055.jp/mt/mt-tb.cgi/299