iMac アップルマーク表示のまま起動しないケース(Fusionドライブのハードディスク交換)

Mac修理:Macリカバリーサービス 往復送料無料 > iMac2012~ > iMac アップルマーク表示のまま起動しないケース(Fusionドライブのハードディスク交換)

iMac アップルマーク表示のまま起動しないケース(Fusionドライブのハードディスク交換)

愛知県名古屋市にお住まいのオーナー様より

「iMac(Late 2012)が起動せずに困っている」

とご相談を頂き、弊社にて診断及び修理することになりました。



実機を検証しないと何とも言えませんので、まずは、実機を弊社までお送り頂きます。

往復ともに送料は無料(弊社負担)ですので、遠方の方でもご安心ください。

また、ご予約も不要で送るだけ、修理完了後は自宅までお届けします。



実機が届きましたので、早速状態を検証します。

リンゴマークのまま起動しないという症状は確認し、次は原因の特定です。

専用ツールにて診断の結果、Fusionドライブのハードディスクに障害を確認できました。



さて、ここでFusionドライブについて一度説明します。

Fusionドライブとは、ハードディスクとSSDを一つのディスクとして扱うストレージです。

Mac mini (Late 2012 以降) および iMac (Late 2012 以降) に搭載されております。



オーナー様に原因をお知らせしたところ、修理して欲しいとのことでハードディスクを交換します。

Late 2012 以降のiMacは分解も大変です。

ディスプレイユニットがボディに接着されているため、開けるのが一苦労。

73-1.jpg

専用の工具を用い、こうやって少しずつ剥がしていきます。

ようやく開けることができました。

73-5.jpg

旧型のiMacに比べると、割とスッキリしたレイアウトです。

写真のやや左に写っているのがハードディスクです。

こちらを交換し、ディスクユーティリティにてFusionドライブのパーティションを設定。

設定完了後にOSをインストールします。

1TBのハードディスクと128GBのSSDの合算で1.11TBという中途半端な容量になります。

73-12.jpg

インストール完了後、起動して、動作チェックを行ないます。

動作チェックの結果は良好でしたので、ここで修理完了となります。

念のため、Apple Hardware Testなどの各種検査を行ない、問題が無いことを確認。

無事にオーナー様へ引き渡しできました。



●サポート期間終了でメーカー修理できない製品
●メーカーや他社で修理が難しいと言われた
●修理代が高そうだしこの機会に買い換えようと思っているお客様
●お近くに修理できる店舗が無い方
●アップルストアまで行く時間が無いお客様
Macのお悩みはぜひ一度弊社までご相談ください。
Apple認定技術資格者が全力でお客様をサポートいたします。

たくさんの修理レポートを掲載しております
同じ症状がない場合でもお気軽にご相談ください

お問い合わせ


タグ :

関連記事

  1. iMac 21インチ Late2012 ガラスが割れた
  2. iMac Retina 5K 27インチ Late2014 使用中に突然電源が切れる
  3. iMac 21インチ 2012年モデル 起動中に頻繁に電源が落ちる
  4. iMac 21インチ 2015年 電源が入らない
  5. iMac Late2012の21インチ 起動時に停止したまま進まない
  6. iMac 2013 ?マークで起動しない SSD交換
  7. iMac 21インチ 2012年~ 起動しない ハードディスク故障
  8. iMac 27インチ 2012  ?マークで起動しない(FusionDrive対応)
  9. iMac アップルマーク表示のまま起動しないケース(Fusionドライブのハードディスク交換)
  10. iMac Late2012 起動ができない 

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://4055.jp/mt/mt-tb.cgi/326